赤ちゃんのおすわりするのはいつ頃?ひとり座りまでの流れやサポートと注意点について|学習プリント.com

赤ちゃんのおすわりするのはいつ頃?ひとり座りまでの流れやサポートと注意点について

最終更新日:2022/09/19 赤ちゃんのおすわりするのはいつ頃?ひとり座りまでの流れやサポートと注意点について

赤ちゃんの首が座って、寝返りが出来るようになったら、次はお座りが出来るようになるのかなと、ママやパパはわくわくしますよね。
お座りが出来るようになると、赤ちゃん自身も目線が変わるため、これまでとは違った遊びが出来るようになり、新たな楽しみをみつけることができるでしょう。

では、お座りはどのような段階を経てできるようになるのでしょうか。
我が子はなかなかお座りをしないけど、早くお座りができるように練習をさせた方がいいのかな?と思っているママやパパもいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、その子の発達に適した時期より早くお座りの練習をさせることは一概によいとはいえないこともあるようです。

今回はその理由も含め、赤ちゃんのお座りについて、お座りに適した時期や、段階、練習はさせたほうがよいのかなど、注意点も含めて説明していきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんのおすわりするのはいつ頃?

赤ちゃんのおすわりするのはいつ頃?

一般的に赤ちゃんが一人座りをするようになる目安は大体生後6か月頃といわれています。
しかし、一口にお座りといっても、お座りには、いくつかの段階があります。
また、赤ちゃん一人ひとりの発達の時期に違いもあるので、必ずその時期にお座りができるようになるというわけではありませんし、お座りできていなければいけないということではありません。

厚生労働省の調査によると、赤ちゃんが1分以上支えなしで座れるようになる時期として、9~10か月までで96%、1歳までで約99%とされています。
発達の早い赤ちゃんでは、5~6か月でお座りをするようになる子もいるようです。

このことからもわかるように、赤ちゃんがお座りをするようになる時期は赤ちゃんによって様々で、半年近くの幅があることがわかりますね。
ママやパパは、周りの子と比べず、それも我が子のペースだと思って、お座りができる時期がくるのを見守ってあげましょう。

赤ちゃんのひとり座りまでの流れ

赤ちゃんのひとり座りまでの流れ

お座りの段階には5つのステップがあるといわれています。

  • 足を前に出し、手を前について少しの時間座った姿勢を保てる。
  • 手を前について、5分程度座った姿勢を保てる。
  • 両手を挙げた状態で、座った姿勢を保てる。
  • お座りの姿勢が安定し、身の回りのおもちゃを手に取ることができる。
  • お座りから自分で姿勢を変えて、またお座りに戻ることが出来る。

このように、赤ちゃんは段階を経て少しずつ安定したお座りが出来るようになります。
安定したお座りができ、手が自由に使えるようになったら、おもちゃを近くにおいてあげるなどして、興味のある物を見つけてあげるといいですね。

スポンサーリンク

おすわり練習のサポート方法と注意点

おすわり練習のサポート方法と注意点

首が座り、寝返りもできるようになってきたら早くお座りができるようになってほしい、と我が子の成長を早く見たいと思うのが親心ですよね。しかし、赤ちゃんの発達に適した時期、より早くお座りをさせてしまうことは、色々な弊害を起こす可能性があるのです。

ここでは、適切な段階より早くお座りをさせることの注意点と、適切な段階になった時にお座りをする際のサポート方法と注意点について説明していきます。

適切な発達時期より前にお座りをさせることの弊害

お座りができるようになる発達の段階として、腰がしっかりと据わってから、という基準があります。
しかし、腰がまだしっかりと据わっていない場合でも、ベビーソファーなどを使用して座った姿勢をとらせることはできますよね。
こういった場合の注意点について、説明していきます。

  • 背中が筋肉疲労を起こしてしまう

自分の力で座った姿勢を保持できるようになる前に、ベビーソファなどを使って強制的に座った姿勢をとらせると、腹筋などの座るときに使用する筋肉や関節などの組織が育たなくなり、背中の筋肉を必要以上に使用することによって疲労する状態になってしまいます。

  • 自分で動くことができず、意欲低下に繋がる

自分で姿勢が保てない状態で、ベビーソファーなどに座っていると、赤ちゃんは自分で動く余裕がなく、遊ぶこともできない状態になります。
一見、おとなしく座っているようにみえてしまうため、座らせている時間が長くなってしまう、というママもいるようですが、そのような状態を日常的に続けてしまうと、赤ちゃんは自分で動けないために、動く意欲が低下してしまい、周囲に対する興味が低下してしまう恐れがあります。

  • 体のバランス感覚が育たず、赤ちゃんの体に負担をかける

赤ちゃんは、寝返り、ずり這い、お座りと、段階を経て体のバランスをとることを覚えていきます。
そのため、正しいステップを踏まずにお座りの姿勢をとろうとしても、バランスをとる筋力も感覚も赤ちゃんには備わっていないのです。
そんな状態で長時間座った姿勢をとらせると、赤ちゃんの体に大きな負担をかけてしまうことになってしまいます。
このように無理な姿勢で長時間お座りをすることは赤ちゃんにとって負担になってしまうため、注意が必要ですね。

お座りのサポート方法と注意点

ここまで、適切な段階より前にお座りをすることの注意点について説明してきましたが、ここでは、腰がしっかりと据わってからのお座りについてのサポート方法と注意点について説明していきます。
お座りになれていない赤ちゃんは、バランスを崩して前や後ろに倒れてケガをしてしまうことがあります。
その為、まだお座りが安定しないうちは、クッションで赤ちゃんを支えたり、大人が近くでサポートできる体制を作っておきましょう。
また、赤ちゃんがバランスを崩してこけてしまった時に頭を打ってしまわないように、赤ちゃんに背負わせるクッションがあります。
色んなデザインのものがあり、背負っている姿もとてもかわいいので、安全対策の一つとして検討してみてもよいかもしれませんね。

お座りの練習について

お座りを早くしてほしい、と思っても、無理に座った姿勢をとらせることは、赤ちゃんに成長に悪影響を及ぼす可能性がある、ということを説明してきました。
一般的にも、お座りの練習は積極的にさせる必要はない、と言われています。では、お座りが上手に出来るようになるためにできることは、どのような事があるのでしょうか。

それは、寝返りやずり這いの練習をしっかりとさせることです。
赤ちゃんは背中の筋肉が未発達な状態でお座りをすると、重たい頭を支えることが出来ず、背中が丸まって前に倒れてしまいます。
お座りの姿勢を保持するためには、背中の筋肉を鍛える必要があります。
赤ちゃんの背中の筋肉を鍛えるには、寝返りやずり這いを繰り返して行うことが効果的なのです。
遊びの中で寝がえりやずり這いが出来るように、目線の先におもちゃをおいてみたりして、赤ちゃんの興味を引きながら練習を促してみましょう。

まとめ

今回の記事では、赤ちゃんのお座りについて説明してきました。
赤ちゃんにはそれぞれの発達のタイミングがあり、お座りが早くできることがいいというわけではありませんし、遅いのが悪いというわけでもありません。

ママやパパはより安全にお座りができるようになるために、焦らず一人ひとりの赤ちゃんの発達に応じたサポートをしていってあげましょう。

この記事を書いた
サポーターママ

うさママのプロフィール写真 うさママ 1男のママ

やんちゃな1歳男の子のママです。
日々悩みながら、初めての育児に奮闘しています。
海が大好きで、妊娠前は夫婦で日本を飛び出し、世界の奇麗な海でスキューバダイビングを楽しんでいました!
今はなかなか難しいですが、子供が大きくなったら家族みんなで沖縄の海に行って、ダイビングをするのが夢です!
妊娠前は看護師として働いていたので、その頃の経験を活かしながら、皆さんのお役に立てるような情報を発信していければとおもっています!

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク
ページトップへレッドレンジャー