赤ちゃん返りとは?原因と続く期間は?上手に対応する方法|学習プリント.com

赤ちゃん返りとは?原因と続く期間は?上手に対応する方法

最終更新日:2022/09/19 赤ちゃん返りとは?原因と続く期間は?上手に対応する方法

皆さんは「赤ちゃん返り」という言葉をご存じですか?赤ちゃん返りは発達段階とは言え、お母さん、お父さんはどうすればいいか悩んでしまうかもしれません。
今まさに赤ちゃん返りで悩んでいる方、また、これから第2子の出産を控えているお母さんもぜひこの記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃん返りとは?

赤ちゃん返りとは?

赤ちゃん返りとは、弟や妹が生まれることによって、上の子が赤ちゃんに戻ったかのような行動をとることです。
だいたい2~3歳ごろの子供に多いですが、中には就学前まで続く子もいます。
ですが赤ちゃん返りがまったくない子もいるため、個人差が大きいようです。

赤ちゃん返りが始まる時期もさまざまで、お母さんの妊娠中から始まる子も入いれば、下の子が誕生してからの場合もあります。
赤ちゃん返りには次のような特徴があります。

自分でできていたことができなくなる

今まで自分でできていたことができなくなるのは赤ちゃん返りの特徴です。
自分で着替えていたのに「できない」という、順調にトイレトレーニングやトイレができていたのにできなくなったなどがあります。
また落ち着いていた夜泣きが始まったり、急におねしょをしたりすることもあります。

お母さん、お父さんへの甘えが強くなる

お母さん、お父さんへの甘えが強くなることがあります。
甘えることによって不安な気持ちを解消しよう、愛情を確認しようとします。
抱っこをせがむ、どこに行くにも付いていきたがり離れないなどが現れます。
このままべったりの甘えん坊になったら困るからと、甘えてきた子供を突き放す、冷たい態度をとると子供はもっと不安になってしまいます。
そうすることでさらに両親への甘えが強くなってしまいます。

言うことを聞かなくなる(反抗的な態度をとる)

赤ちゃん返りにはお母さん、お父さんに対して反抗的な態度をとることがあります。
着替えを嫌がる、親のいうことを聞かずにわざと邪魔をすることなどが増えます。
親からすればそんな態度ばかりの子供に「今までは素直だったのに…」とギャップにびっくりするかもしれません。
また態度以外に言葉遣いが反抗的になり、「いやだ」「やらない」などの言葉が増える場合もあります。

赤ちゃん返りの原因と続く期間は?

赤ちゃん返りの原因と続く期間は?

赤ちゃん返りには様々な原因がありますが、具体的にはどのような理由があるのでしょうか?

お母さん、お父さんの気を引きたい

両親の気を引きたくて赤ちゃん返りをすることがあります。
両親が下の子の世話をしていると、自分は無視されていると感じ、両親の気を引くような行動をします。
下の子のお世話をしているときに限って、上の子がわがままになったり、反抗的になったりすると感じるかもしれません。
これは上の子が自分にもっと注目してほしいとおもってわざとやっているため、自然なことなのです。

環境が変わって戸惑っている

きょうだいの誕生は子供にとって大きな環境の変化です。
子供は周囲の変化にとても敏感です。
特に長男、長女だった子は今まで自分だけが両親を独り占めしてきたのに、下の子の誕生で急にかまってもらえる時間が減ってしまいます。
そんな環境の変化に対応できずに子供は戸惑い、不安を感じています。
まだ不安な気持ちをうまく言葉で伝えることができないため、さまざまな行動となって現れます。

自分への愛情を確かめたい

自分がお母さん、お父さんから愛されているかを確認したいために赤ちゃん返りをすることがあります。
下の子のお世話に一生懸命になると、どうしても今まで通り上の子と接することが難しくなります。
「自分はちゃんと大事にされているのかな」と愛されていることを確認したくて両親を試すような行動をすることがあります。

両親からすれば、赤ちゃん返りの時期が来ると、「いつまでこんな状態が続くのだろう…」と不安に思うかもしれません。
赤ちゃん返りはどれくらいの期間続くのでしょうか。

赤ちゃん返りが続くのは平均5.3か月

赤ちゃん返りが続く期間もさまざまで、平均すると5.3か月という調査結果があります。
ですがこれはあくまで平均で、子供によって個人差が大きいです。
一度落ち着いてもまたぶり返すこともあり、一概にいつまでで終わりと決めるのは難しいです。
また赤ちゃん返りが全くない、お母さんが気づいていないけど、後から実は赤ちゃん返りだったのかも…ということもあります。
いつからいつまでが赤ちゃん返りの期間、と決めるのではなく、子供の様子を見ながらその子に合わせた対応をしていくのがいいでしょう。

スポンサーリンク

赤ちゃん返りに上手に対応する方法

赤ちゃん返りに上手に対応する方法

赤ちゃん返りは悪いことではありませんが、対応を間違えると今以上に子供が不安になり、赤ちゃん返りが悪化する可能性があります。
上の子を安心させてあげることが不安を取り除くことになります。
では、具体的にはどのような方法がよいのでしょうか。

スキンシップをとり、愛情をしっかり伝える

上の子が「自分は愛されている」と安心できるようにしっかりスキンシップをとりましょう。
下の子が寝ているときには上の子としっかり向き合う時間を作ってあげると、上の子はとても喜びます。
ゆっくり話を聞き、絵本の読み聞かせをしてあげるのもおすすめです。
「いつも大好きだよ」「〇〇ちゃんは宝物だよ」など言葉の表現だけでなく、ぎゅっと抱きしめてあげると子供も安心することができます。
ぎゅっと抱きしめることで愛情ホルモンのオキシトシンが分泌され、少し気持ちも癒されますよ。

お母さん、お父さんがしっかり気分転換する

赤ちゃん返りが続くと、下の子の育児と重なって、お母さん、お父さんもイライラすることが増えます。
親のストレスがたまり、余裕がなくなるとどうしても子供にきつく当たってしまいます。
まとまった時間をとることは難しいかもしれませんが、少しの時間でも1人になれる時間を作りましょう。
ドラマを1本だけ見る、読書をするなど短時間でできる気分転換をいくつか用意しておくといいかもしれませんね。
夫婦や祖父母と協力して、子育てを少しでもお休みする時間を作りましょう。
またファミリーサポートや、一時預かりなど自治体の子育て支援を活用することも1つの方法です。

頑張りを「ほめる」

ほめられてうれしくない人はいませんよね。それは子供も同じです。子供もほめられることを通して「自分は役に立っている」「頑張ったことを見てくれている」とうれしく感じるでしょう。下の子供ができるとどうしても上の子に期待して、できて当たり前と思いがちです。不安になりながらも成長しようとしている上の子供は十分頑張っていますよね。「1人でご飯を食べてすごいね」「いつも自分で着替えができてえらいね」など、頑張りをほめてあげましょう。きっと上の子ももっといろんなことに挑戦しようという前向きな気持ちになるはずです。

「お兄ちゃんでしょ」「お姉ちゃんでしょ」とプレッシャーをかけない

お母さん、お父さんも甘えてばかりの上の子にしっかりしてほしい気持ちから「お兄ちゃんでしょ」「お姉ちゃんでしょ」というような言葉が出てしまいがちです。ですが、上のお子さんも生まれてまだたったの数年です。お兄ちゃん、お姉ちゃんになりたくてなったわけでもありません。それなのに急に「お兄ちゃんでしょ」「お姉ちゃんでしょ」と言われ、甘えることができなくなってしまっては上の子も不安になります。プレッシャーをかけず、1人の子供としてゆっくり見守る気持ちを持ちましょう。

まとめ

赤ちゃん返りは悪いことではありません。まだ上手に話せない子供はうまく気持ちを表現できませんが、環境の変化や不安に戸惑っています。親を困らせたいだけの態度に見えますが、赤ちゃん返りは子供なりにお母さん、お父さんからの愛情を確かめるための一つの手段です。子供に大好き、いつも一緒だよと寄り添ってあげるといずれ落ち着いてきます。赤ちゃん返りへの理解を深め、対処していくことにより親子で成長できるといいですね。

この記事を書いた
サポーターママ

そうひまママのプロフィール写真 そうひまママ 1男1女のママ

昆虫、魚が大好き恥ずかしがり屋の男の子、ぬりえとお絵かきが大好きおませな女の子の年子兄妹ママです。
育児とパート、すきま時間を生かして興味のあったWebライターも楽しんでいます。
趣味の韓国ドラマ鑑賞、読書、友達とのおしゃべり時間で日々のストレスを発散しています。
「子供と家族が笑顔なら毎日正解」だと思って頑張らない育児を心がけています。そうはいってもやはり子育てには不安はつきものですよね。
少しでもたくさんのママの悩みや不安を解消できるような内容が発信できたらうれしいです。

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク
ページトップへレッドレンジャー